コウモリ, 生活/暮らし, 駆除

ねずみ退治をしたい人はどうするべきか

ねずみにしつこく悩まされていて、ねずみ退治をしたい方は意外と多いのではないでしょうか?ねずみ退治にはねずみの種類にあった効率的なやり方があります。ここではそれを解説していきます。まず屋内に進入するねずみは主にドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミがあります。ドブネズミは攻撃性が強いですが、柱を登ったり天井裏を走り回ったりはしません。

ねずみ捕獲用の罠かごや粘着シートに比較的難なくかかります。クマネズミ、ハツカネズミは柱や天井を上り、走り回ります。クマネズミとハツカネズミの違いは身体の大きさです。クマネズミは20cm前後、ハツカネズミは10cmほどです。

ハツカネズミは農作物や穀物を好み、夏には耕作地など屋外で生活していますので、農家の倉庫や畜舎にいることが多いです。都市で天井裏を走り回るネズミはほぼクマネズミといっていいと思います。クマネズミはドブネズミほどには罠かごや粘着シートにはかかりません。効率よくクマネズミを退治するにはネズミの通り道(ラットサイン)を見つけなければなりません。

床や柱がほかのところよりも黒く汚れていてそれが線状になっているところがラットサインです。それを目安に罠や粘着シートを仕掛けましょう。毒餌は夏に仕掛ける場合はねずみの死骸の片づけが大変になるのでおすすめはしません。罠を仕掛けながらも侵入口の特定を同時に行います。

ラットサインの先をたどると侵入口が見つかることがあります。そこを見つけ次第ふさぐようにします。ねずみ退治は根気と観察が必要です。あきらめずにがんばりましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です