トイレの水漏れ被害に遭ったら神戸のここに相談
2021年9月15日

トイレの水漏れの修理方法

トイレの水漏れは、気づいた時に修理しておかないとどんどん酷くなり、業者に頼まないと収拾がつかなくなってしまいます。初期のうちなら自分で修理することもできるので、サインを見つけたら素早く対処することが大切です。最も多いのが排水管やパイプなどからの水漏れですが、これらの多くはパーツの経年劣化によって起こります。時には、パーツが緩んでいるだけのこともあるので、しっかりとネジやボルトが締まっているか確認しましょう。

パーツは、大型量販店やネット通販などで購入することができるので、同じタイプのものを見つけて交換することができます。タンクからの水漏れの場合は、給水管の経年劣化や緩みで水が多量に供給され貯水量をオーバーしていることが原因です。給水管の緩みや経年劣化をチェックし、必要ならばパーツを交換すると良いでしょう。トイレを修理する時は、止水栓を締めて水の供給を止めてから行います。

ほとんどの場合、給水管と壁の接続部分に設置されています。ハンドルが付いているものはハンドルを回し、付いていないものはマイナスドライバーを使って締めるとよいでしょう。見つからない時は、水道の元栓を締めてからトイレの修理を行います。ただし、自分で手に負えない時は業者に頼んで修理してもらうのが賢明です。

業者の中には、素早い出張サービスを売りにしているところもあり、連絡すると1時間以内に来てくれるので便利です。すぐに、ストレスなくトイレが使えるようになるでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です