トイレの水漏れ被害に遭ったら神戸のここに相談
2021年9月18日

トイレの修理で多いのは水洗タンク周りの水漏れです

家庭内でトラブルが起きやすいのは、水回りでキッチンやお風呂場、洗面所、トイレなどでその中で特に多いのは詰まりと水漏れです。トイレで水漏れの起きやすい場所は、水洗タンクと水道管のつなぎ目やウォシュレットとつないである水道の細い管と本体との間のつなぎ目や、管が外れることで起こる場合も有ります。トイレはタンクも本体も陶器で作られているので、瞬間的に大きな力が加わると破損することがあり、この場合は修理するのではなく、交換することが必要になります。修理は家に来ている水道管の元栓を閉めてから、水漏れしている箇所を確認してパイプのつなぎ目から漏れているようで有れば、水道工事で使用する防水性のテープで巻けば一時的に漏れを防ぐことは出来ますが自分で修理出来るのはこの程度です。

パッキンから漏れているようで有れば、自分でも交換することも出来ますが大型のレンチが無いとパッキンを外すことが出来ないので、専門の会社に依頼した方が良い場合も少なく有りません。自分で直しても会社に依頼しても修理が終わるまで水道が使えませんので、ひどくなる前に専門の会社に依頼した方が被害が少なくて済みます。特にマンションやアパートでは階下の自宅に迷惑を掛けることもあるので、直ぐに元栓を閉めることだけは行い、それから修理を始めることが重要です。トイレからの水漏れを発見したら、水道の元栓を閉めてから自分で直すのか専門会社に依頼するかを決めてなるべく早く対応することが必用です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です